意外と知らない?レーザー脱毛の秘密と仕組み

意外と知らない?レーザー脱毛の秘密と仕組み

  • TOP
  • 矢印 矢印 脱毛における「施述回数」について

脱毛における「施述回数」について

レーザー脱毛についてちょっと調べると、必ずと言っていいほど出てくる「施術回数」の問題があります。
レーザーで毛根まで焼いているはずなのに、どうして何度も施術を受けなければならないのでしょうか。
その原因はムダ毛の意外な性質にあるのです。

. . .

どうして何回も通わないといけないの?

記事イメージ

医療機関の施術を受ける場合で5回から6回ほど。レーザー脱毛の効果を得るにはこれくらいの回数の施術が必要とされています。
毛根ごと焼いているのにどうして?と思われるかもしれませんが、その理由は体毛の成長サイクルにあります。
体毛は以下の3つの周期を繰り返し巡り続けています。
成長期:体毛が伸びている時期。毛の根元が毛穴の奥としっかりくっついている
退行期:成長は止まったけれどまだ抜けていない時期。毛の根元が毛穴の奥から離れている
休止期:体毛が抜けてから次の毛が生え始めるまでの時期
実は、レーザー脱毛が有効なのはこのうち「成長期」にある毛だけなのです。
「退行期」のムダ毛にレーザーが当たっても、処理できるのは抜けつつある毛だけで、毛穴の一番奥の発毛機能は健在なまま。
「休止期」は言わずもがな。どちらもムダ毛を生やす能力までは退治しきれず、放っておけばまた生えてきてしまいます。
「成長期」のムダ毛だけが、根元にまで熱が伝わって発毛機能を除去できるのです。

まとめ

レーザー脱毛を何回も受けなければいけない理由は、タイミングをずらして何度もレーザーを当てることで、以前の施術で「退行期」「休止期」にあった毛穴にも脱毛の効果を行き渡らせる必要があるから、というわけです。
回を重ねるごとにムダ毛は確実に数を減らしていきますので、根気よくじっくりとムダ毛退治に取り組む必要があります。

. . . . .

こちらの記事もおすすめ